そうだったのか!意外に知られていない足の爪を守るためのポイントとは?

  • 2019.09.11 Wednesday
  • 17:27

大阪で一番親切なインソール屋さんSHUTTOです!

 

ふぅ、今日も疲れたぁ。

 

先ずは今日一日の汗をいっぱい吸い込んだこの臭い服を着替えようか。

 

着替えを取り、脱衣所へ。

 

休みまであと2回も出勤しないといけないのか。

 

声にならない声を漏らしながら着替えていると、「ん?な、なんじゃこりゃ!」

 

なんとそこには真っ赤な血で染まった靴下があるではありませんか。

 

なんて経験、あなたはありませんか?

 

いきなり、すいません。

 

何かミステリー小説でも始まったかと思いましたか?笑

 

私にはそんな才能はありません。

 

それが真実。

 

そう真実はいつも一つです。

 

話を戻しますと、ふと気が付いたら足のゆびから出血していた!

 

そんな経験ありませんか?

 

痛いですよね!

 

気が付いた途端に痛みが出てきますよね。

 

中にはそんなのいつものことっていう人もいるのではないでしょうか?

 

でもそれ、防げるかもしれません!

 

私と一緒に血まみれの靴下とおさらばしましょう!

 

それって巻き爪?

巻き爪ってご存知ですか?

 

おそらく聞いたことはあるのではないでしょうか?

 

爪の両端が強く内側に曲がってしまった状態のことです。

 

冒頭での話のように、巻き爪の方はちょっとしたことで出血してしまうことがあります。

 

巻き爪と似たような状態の爪で、陥入爪(かんにゅうそう)というものがあります。

 

陥入爪は爪の両端が皮膚に刺さってしまう状態です。

 

どちらも足の親指に多く発症し、進行すれば痛みや炎症などの症状が出てしまいます。

 

私も経験がありますが、見た目は地味なようで本当に痛いですよね。

 

私の場合はスポーツをしていたので、皮膚を傷つけたまま泥まみれになって傷口から膿んでしまったことがありました。

 

「そんなことよくあること」って方!放置していてはダメですよ!

 

些細なことのようで、巻き爪や陥入爪は酷い場合には手術が必要になってしまいます。

 

脅すわけではありませんが、これらの爪の変形を治す方法としては、ワイヤーを使った矯正や外科的な手術が行われます。

 

そんな大ごとになる前にしっか予防していきましょう!

 

爪の切り方を見直そう!

まず、簡単に見直すことが出来ることとしては爪の切り方です。

 

皆さんはどのように爪を切っていますか?

 

指の形に沿うように丸く切っている方や敢えて深爪になるように切っている方など様々な方がいらっしゃると思います。

 

「え?ダメなの?」って感じですよね。

 

そう、ダメです。

 

それらの切り方では巻き爪や陥入爪を誘発してしまう恐れがあります!

 

じゃどうすればいいのか?

 

爪は真っ直ぐ切りましょう!

 

見た目としては四角い形になるように切ります。

 

さらに、あまり深爪にならないように1ミリくらいゆとりを残して切りましょう!

 

そうです、爪のピンク色部分から1ミリくらい白い部分を残して切るのです。

 

初めは今まであまり見たことのないご自身の爪の形に違和感があると思います。

 

しかし、そこは慣れの問題です!

 

慣れましょう!笑

 

ご自身の美学に沿わないですって?

 

他人の足の爪の形なんてあまり見られませんから!笑

 

まぁでも赤く腫れ上がったり、膿んでしまって絆創膏を巻いていたりするよりは美しいのではないでしょうか?

 

何より手術なんて誰もしたくないと思うので、四角に切ってください!

 

ちなみに私も以前までは指の形に沿って丸く切っていましたが、真っ直ぐ切るようになってからは皮膚に爪が刺さることが無くなりましたよ!

 

靴のサイズを見直そう!

爪の切り方と同じように重要なのは靴選びです。

 

皆さんはご自身の足のサイズを測ったことがありますか?

 

小さいお子さんがいらっしゃる方はお子さんの靴を買いに行く時に店員さんにサイズを測定してもらってから靴を買ったことがありませんか?

 

でもご自身の靴を買う時にはそんなことしませんよね?

 

そうなんです!いつの間にか「自分は25僂澄廚覆匹半ー蠅忙廚すんでしまっている方が多いです。

 

そして実際に測ると思っていたよりも自分の足が小さいことに驚かれる方も多いです。

 

そんな思い込みが足の爪を変形へと導いてしまっているかもしれません!

 

ご自身の足サイズに合っていない靴を履き続けることで足の爪を変形させる原因となります。

 

出来れば専門的な知識がある人に足を測定してもらった方が良いですが、なかなか身近にいないのも事実です。

 

まずは足の長さだけでも測ってください。

 

こちらもよろしければ参考にしてください。

健康でいたいあなた必見!靴という大切なパートナーとの付き合い方!

 

激しい運動を控えましょう!

これに関してはなかなか難しいとは思いますが、激しい運動は控えましょう。

 

あまりに激しい運動を続けていると足の爪への負担が増え、変形を促してしまう場合があります。

 

ただ、わかります。今夢中になっていることをなかなか止めることは出来ませんよね。

 

場合によっては、せざるを得ない状況もあるかと思います。

 

ですから、爪の切り方と靴選びに注意していただきそれでも足の爪が痛くなり始めたら治るまでは激しい運動は行わないという風にしてください。

 

お気持ちは痛いほどよくわかりますので、爪の切り方と靴選びには最新の注意を払っていただき足の爪の変形を予防していきましょう!

 

まとめ

今回の記事をまとめると、

 

1.爪は四角に切りましょう!

2.自身の足に合った靴を履きましょう!

3.巻き爪による痛みが出たら激しい運動は避けましょう!

 

ほんのちょっとした気遣いで足の爪を守ることができます!

 

中でも爪の切り方は今日から始められます。

 

「そういえば四角に爪を切るように書いていたのを見たような」そんな気がしたら是非試してくださいね!

 

すでに痛みや炎症などの症状が出てしまっている方はご自身で判断せず、形成外科などに相談するようにしましょう!

 

足の痛みは歩き方に悪影響を与えて他の部位への負担にも繋がります。

 

でもこの記事を読んでいただけたので、これからは巻き爪や陥入爪に悩むこともなさそうですね。

 

一緒にしっかり巻き爪や陥入爪を予防していきましょう!

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

大阪で一番親切なインソール屋さん

SHUTTO(シュット)

〒530-0041
大阪市北区天神橋1丁目5番19号1階
TEL・FAX06-6766-4221
Mail info@shutto-insole.co.jp
HP https://shutto-insole.co.jp

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM